うめ立て地側が低く、運河を挟んで向こう側の第一京浜(旧東海道)の方が小高くなっているのが分かると思います。たぶん、江戸時代の頃は、こっち側(今立っているところ)は完全な海で、その手前に漁師小屋なんかが立ち並んでいたのでしょうね。

ところで、そこで横断歩道を渡っているネコに出くわしました。

今回の散歩では、野良を含めて、結構たくさんのネコに出くわしました(何を糧に生きているのだ?)が、これほど順法精神にあふれたネコは初めてです

さて、お昼もだいぶ過ぎたので、京急子安から電車に乗って横浜駅で遅い昼飯を食べた後、買い物をして帰着した次第。

ちなみに、自宅前の滝の川にはスズガモの群れがいましたが、去年に比べると数が少ないように思われます。飛来数が少なかったのかも知れませんが、自宅前以外でもカモに餌をやる人がいて、あるいはそちらに固まっているのかも知れません。それにしてもスズガモ、雄には頭の後ろにピンと立った羽があるのですが、これって進化において何か意味がある