コネクテッドカー

どんどん「乗りこなす」から「乗せられる」に退化する方向に行こうとするんだね。
そんな事ではいざと言う時に何も出来ないでパニックになる「同乗者(ドライバーとは言えない)」しかいなくなるぞ・・・。
自分で考えて、自分で操作して、自分で『責任をとる』事が大事なんだけどなぁ。

日本の現在の若者が運転免許を取りに行っても既に「マニュアル免許」が取れない人が大半だと聞く。
「ハンドル操作しながらクラッチ切ってシフトレバーを操作するのが難しくて出来ない」って嘆いてた。
若者よ、考えろ!!
ハンドル操作しながらシフト操作って、つまりカーブを曲がりながらシフト操作って事か?
出来ないならカーブ手前でシフト操作を終わらせるんだ!!
自分がこれからどういうコースを走行するのか分かってるだろ?
あらかじめ脳内でコースのここでこういう操作をして・・・と考えてから行動するんだ!!
それだけで随分と楽になるハズだぞ!!

あらゆる事に上記の考えは応用できる。
実際に免許を取ったあと、マイカーでドライブに出かけてもそうだ。
先の見えないカーブや交差点でもあらかじめ脳内で「この先が良く見えないからあらかじめ減速しておけば、その先で突如事故車が止まっていても対処できるな」とか。
「万が一事故っても保険があるから何とかなるか・・・、あれ?そう言えば保険会社の連絡先ってどこにあったっけ?」とか考えれば、本当に事故にあっても迅速に行動できるだろ?

自動車の運転は、それほど反射神経とか使わない。
ましてや運動神経なんて殆ど無くても運転できるんだ。
問題は「操作を頭で考えて組み立てる」事と「その先(行動の結果)も予想する」と言う事だ。

ハッキリと断言しよう。
『自動運転なんて不必要だ!!!』

自動運転システム以外のコネクテッドカーシステムについては今現在、既に日本ではVICSが採用されており渋滞情報は(都市部に限るが)カーナビ等の機器を通じて受信可能になっているし、メディアプレイヤー等の音楽・動画・TV受信に関してもカーナビやタブレット端末等で視聴可能である。
ネット接続についてもタブレットやスマホ、携帯電話等のテザリング機能で接続可能になっている。
Bluetooth機器の接続って、スマホやタブレットからの音声をカーオーディオに飛ばす以外に何か必要か?

システムのアップグレードが可能だぜ!!とか言っちゃってるけど、それってつまり自動車のROMを書き換えるって事だよな?
普通にディーラーに行きゃ書き換え可能だろうし定期点検(車検とか)でやりゃ良いんじゃね?
ネット更新って通信何ギガ使うんだか・・・?

セキュリティアップにも貢献できるぜ!!って意見もあるけど、さ・・・。
自動車に対してソフトウェア的なセキュリティって、どんなセキュリティなのさ?
更に言えばソフトウェアセキュリティは常にクラッカーによるクラック対象になるよねぇ。
例えば自動車にGPSを付けて意図しない移動を感知したらインターネットを通じて所有者に連絡。
所有者はGPS信号をスマホ等で確認、自分の自動車が今現在何処に有るか確認できる。
うん、良さそうに思えるよね。
でも「自分の頭でよく考えてみる」と、GPS信号が途絶えたらどうなるんでしょうか?
例えばエレベーター式の立体駐車場に自動車が有る場合は?
その場合はセキュリティは働きませんよね、現実的に考えて(笑)
で、応用編。
自動車泥棒さんはあらかじめGPS受信機の場所は確認してるもんです。
で、その部分が隠れてGPSを受信できないようにしてからあなたの自動車を盗むでしょう。
で、屋根等のある場所でゆっくりと自動車を分解。
部品として海外に持ち出して・・・。
ほらね、意味無いでしょ(笑)
更にもう一つ。
システムのアップグレード(ROMの書き換え)をネットを通じて自動的に、ってやつ。
クラッカーにクラッキングされて、ある日の朝「さぁ、仕事に行こう」とエンジンを始動しようとしても・・・、掛かりません、とか。
アクセルを踏んで時速30キロ以上になったら強制的にアクセル全開状態になる!とか。
逆に時速30キロ以上になったらブレーキペダルの操作は全てキャンセルされます、とか・・・。
いくらでもクラッカーの思い通りにされてしまいますよ(笑)

ね、今のところ、デメリットが多過ぎるんですよ、コネクテッドカーシステムってやつは。
もちろんメリットも有るのは認めますが、今のところ、ネット通信可能なタブレット1台をホルダー使ってマイカーに取り付け・取り外し可能にしておけば同等以上の事ができるんじゃないかねぇ?
自動運転以外は(笑)

SNSでもご購読できます。