雪道走行

県道に戻って次の林道へ。

ここの林道で初スタック。

先輩に牽引してもらって無事に脱出。

準備してた牽引ロープが初めて役にに立ちました。

てか、先輩二人のジムニーは難なく前進できてたのに、

なんで自分のだけスタックしたんだろう・・・。

タイヤの山の差か、JAとJBの走行性能の差なのか、はたまた腕の差か。

 

林道を行き止まりで引き返して県道へ出て、国道139号でうどんの駅へ。

なんか混んでると思ったら、食券制になってる。

すげーシステマチックに進化。

でも、個人的にあのオペレーションが悪い感じが好きだったので、ちょっと残念・・・。

 

飯を食って引き返し、県道24号から本日最後の菜畑山林道へ。

ここも雪がたっぷり。

今度はスタックせず無事走り切りました。

 

道の駅どうしでトイレ休憩。

ふれあいの館まで戻って解散。

 

今回は、初雪道走行に初スタックと良い経験が出来ました。

また、木の枝葉に雪が積もった雪景色も良かったです。

なんか色々必要と言うか欲しいものも出てきたし。

幸先の良い出だしになりました。

愛車について思うこと

転勤が決まりました。
結局、関西に居れたのは1年5ヶ月でした。 長い方です。(笑)

この1年5ヶ月は最悪でした。
特に営業に戻ってからのラスト8ヶ月は地獄でしたね。。。
一般的に部下は上司を選べないと言われていますが、上司だって部下を選ぶことは出来ないんです。決めるのは会社ですから。
何をどう説明しても自分のことしか考えられない人間ってどこにでも居ますが、あそこまで完成された人間を見たのは初めてです。
まー、もう関わることはないですけど。
もし営業に戻ってくれと会社から言われたら、彼女を営業から外すことを条件にします。

しかし、周りの人たちとは価値観が違うんやなーと、つくづく思いましたね。
今回、一応昇格なのですが、転勤先は地方というか、結構遠方なのです。
なので、『よく引き受けましたね? 出世していく上で何かハガネさんにメリットがあるんですか?』って、周りから聞かれます。
いや、知らねーよ。(笑)
出世したいなんて思ってないもん。

自分にとっては愛車に乗れることが何より大事。

出世など微塵も関係ない。
やりたい仕事を好きな連中と出来るかどうか、遣り甲斐があるかどうかが、働く上でのオレの判断基準なのです。
これが周りの人間には理解出来ない。

年明けからは本当に一所懸命頑張っている連中と仕事が出来そうです。

軽自動車の箱バン

現在NBOXターボに乗っているが、定員乗車での長距離は楽だしカタログ通りの
燃費を維持してくれるし大変重宝している。次に乗り換えるとしたら未発売だ
がフリード1Lターボかな。5人以上乗せることもないので2列シートで充分。
軽に比べると自動車税29500円は痛いけど、それでも登録車では最低だものね。

シュビムワーゲン※ドイツ軍の水陸両用車ですね 小型船舶の免許を取れば釣りの時にボートを借りなくてすみそうだから 軍用車両だったし古すぎてないだろうけどね。

忘れてるも何も「i」がリアミッドドライブだなんて、全く知りませんでした。
日本人の癖に外車と左ハンドルに盲目なもんで‥
iはマニュアルもあるんですかね?

こんなんで車好き!
なんてハズカシイ(/-\*) 。

F458イタリアかなぁ?まだ乗ってる人見たことないし、あれにオークレーのカーボンリップ付けるだけでもカッコ良くなるし、あのF430とは違ったペラペラ感はたまらないね。

軽自動車の箱バン、箱ワゴン。
できればワゴンRと誰か交換してくれーってくらい欲しいかも?って感じ。

まぁ、それはさておき、軽自動車のくせに荷物載るし、車中泊してる方々沢山いらっしゃるから、遠方ドライブ行って途中で知らない土地で寝るってのもいいなって思います。

今年も12,000km

寒かった、走り出しだけ着るつもりだったウインドブレーカーが、最後まで

あと130kmで今年も12,000kmに達する
しかし、曇った空が走る気分を阻害する

取合えず100kmを目標に魔丼で出立
上下は起毛のジャージに冬パンツ、更に下には冬用のウインドシャツ
これに薄手のウインドブレーカーを羽織れば、まあ走れるなと

綱島街道は向い風だが、走り出しなので抵抗はあまり感じない
しかし寒い、軽いギアで回転数を上げて身体を温めるもあまり効かない

多摩川CRに入ると追い風で楽々
更にR15に入ると完全追い風でもっと楽(しかし、新川橋で向い風だったのはどうしたのか)
山下公園まで1時間半は一寸遅いが
幸浦ファミマまで2時間25分はまあまあ、追い風のお陰
だが寒い、途中で脱ぐ予定のウインドブレーカーがそのまま、ファミマ休憩で大納言汁粉をゴクリと

「めし やっちゃん」には定刻2分前
愛車を地球に繋いだところで、開店
昼飯は鮪頬肉ステーキ定食、ガーリックが元気を付ける(そんなに直ぐは効かないが)

食後の珈琲は「ほしの珈琲豆や」
最初は長谷を通って近道を通ろうと思ったが、何時ものR134を

到着後太陽が顔をだす(結局この日は、ここで過ごしていた30分程しか、顔が見られなかった)
今月のロールケーキは栗味、後ろで暖炉がポカポカ、ウインドブレーカーを脱いだ

35分して出立、太陽が陰ったが天気予報では午後は晴れ、ウインドブレーカーを脱いで走る
境川CRは向い風だろうから、浜須賀には行かずに、裏道で藤沢に行って境川CR
寒いのでイイ牧には寄らず(年に数回は寄らないことがある)

鷺舞橋で小休止、ここでウインドブレーカーを再度羽織る

大和橋までづっと向い風、ローディーは1人を見かけただけ、遅くとも誰も文句を言わないので、ゆっくりゆっくり

十日市場のファミマで温かいコーンポタージュを飲む

途中で追い風区間があり、一寸遠回りして120km
往路のAv.は23.1km/hだったが復路は20.5km/h、浜須賀まで行かずは正解だったかと思ったが、積算したら13km足りなかった、明日の自転車通勤で12,000kmを達成するのでまあ良しとするか

シフトチェンジ

愛車の新しいクラッチの癖にかなり慣れてはきました。

シフトリンケージも新品に換えたお陰で、シフトチェンジがアップもダウンも極めてスムーズ&スピーディに熟て、大変気持ち良いです(^O^)

ただ、未だアクセルを踏まず、クラッチのオンオフだけで動かそうとするとジャダーが出るのは、当たりが付いていない故か?

強めの加速をした際のダイレクト感は上がった感じで、加速がより強力となった感覚。
やはりクラッチを変える必要があったんだなぁ、と実感しています。

駆動系がしっかりしてくれたお陰で、愛車の動きはシャープになったとも感じてます。

乗り続けると決心して現在の車両価値以上に修理費用掛けてしまいましたが、今のドライブフィールには大満足です\(^o^)/

速さも充分に現代に通用してますし。

この愛車の購入を決断させた息子は当時1歳9ヶ月でした。
その息子が免許取得年齢になるまで、あと約3年半。
そこまでは絶対に乗れると思います。

自転車道路交通法規

ネットでは「イヤホンで音楽を聞いていても、片耳ならばセーフ(両耳だとアウト)」というウワサが流れています。ところがいざ6月1日になってみると「片耳でも注意された」といった声が続出。一方で「警察官に聞いたら片耳なら大丈夫と言われた」といった声もあり、どうにも情報が錯綜しています。気になったので、警視庁に電話で問い合わせてみました。

●東京都では「片耳でもダメ」

「東京都の場合ですが、結論から言うと、イヤホンが両耳か片耳かは関係ありません。片耳でも注意を受ける可能性は十分にあります」(警視庁 交通相談コーナー 担当者)

 ええええ、やっぱりダメなんですか!

 実は自転車でのイヤホン使用は、6月1日から急にダメになったわけではなく、以前から道路交通法第71条が定める「安全運転の義務」の中で「安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転」として禁止されていました。

「東京都では原則、この『必要な音や声が聞こえているかどうか』を基準に取り締まっています。イヤホンが両耳か片耳かで判断することはありません」(同担当者)

 なるほど、つまり、片耳であっても両耳であっても、周囲の音が聞こえないような大音量で聞いていれば注意を受ける可能性があるということになります。

●神奈川県ならセーフ!? この食い違いはどこから

 しかし、これはあくまで東京都の場合。実はこの判断基準は自治体によって異なり、中には片耳ならOKとしている自治体もあります。

 例えば神奈川県警察のサイトにある「神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について」というページを見ると、ここにははっきりと「片耳でのイヤホンの使用は、『安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態』とはならないため、違反となりません」という記述があります。それどころか両耳で着用していても、小さい音量で使用していれば違反とはならないそう。ネットで出回っていた「イヤホンで音楽を聞いていても、片耳ならばセーフ」という説も、どうやらこのあたりから広まったもののようです。

 これらの食い違いは、道路交通法にある「安全運転に必要な音や声が聞こえない状態」の解釈や判断基準が自治体や警察署によって異なるために起こっているようです。今後何らかの統一基準が打ち出される可能性もあるかもしれませんが、今のところはウワサを鵜呑みにせず、「各自治体の警察署に直接確認してみる」のがもっとも確実と言えそうです。もちろん、大原則として「安全運転に必要な音や声が聞こえない状態」での運転は禁止されているということをお忘れなく!

コネクテッドカー

どんどん「乗りこなす」から「乗せられる」に退化する方向に行こうとするんだね。
そんな事ではいざと言う時に何も出来ないでパニックになる「同乗者(ドライバーとは言えない)」しかいなくなるぞ・・・。
自分で考えて、自分で操作して、自分で『責任をとる』事が大事なんだけどなぁ。

日本の現在の若者が運転免許を取りに行っても既に「マニュアル免許」が取れない人が大半だと聞く。
「ハンドル操作しながらクラッチ切ってシフトレバーを操作するのが難しくて出来ない」って嘆いてた。
若者よ、考えろ!!
ハンドル操作しながらシフト操作って、つまりカーブを曲がりながらシフト操作って事か?
出来ないならカーブ手前でシフト操作を終わらせるんだ!!
自分がこれからどういうコースを走行するのか分かってるだろ?
あらかじめ脳内でコースのここでこういう操作をして・・・と考えてから行動するんだ!!
それだけで随分と楽になるハズだぞ!!

あらゆる事に上記の考えは応用できる。
実際に免許を取ったあと、マイカーでドライブに出かけてもそうだ。
先の見えないカーブや交差点でもあらかじめ脳内で「この先が良く見えないからあらかじめ減速しておけば、その先で突如事故車が止まっていても対処できるな」とか。
「万が一事故っても保険があるから何とかなるか・・・、あれ?そう言えば保険会社の連絡先ってどこにあったっけ?」とか考えれば、本当に事故にあっても迅速に行動できるだろ?

自動車の運転は、それほど反射神経とか使わない。
ましてや運動神経なんて殆ど無くても運転できるんだ。
問題は「操作を頭で考えて組み立てる」事と「その先(行動の結果)も予想する」と言う事だ。

ハッキリと断言しよう。
『自動運転なんて不必要だ!!!』

自動運転システム以外のコネクテッドカーシステムについては今現在、既に日本ではVICSが採用されており渋滞情報は(都市部に限るが)カーナビ等の機器を通じて受信可能になっているし、メディアプレイヤー等の音楽・動画・TV受信に関してもカーナビやタブレット端末等で視聴可能である。
ネット接続についてもタブレットやスマホ、携帯電話等のテザリング機能で接続可能になっている。
Bluetooth機器の接続って、スマホやタブレットからの音声をカーオーディオに飛ばす以外に何か必要か?

システムのアップグレードが可能だぜ!!とか言っちゃってるけど、それってつまり自動車のROMを書き換えるって事だよな?
普通にディーラーに行きゃ書き換え可能だろうし定期点検(車検とか)でやりゃ良いんじゃね?
ネット更新って通信何ギガ使うんだか・・・?

セキュリティアップにも貢献できるぜ!!って意見もあるけど、さ・・・。
自動車に対してソフトウェア的なセキュリティって、どんなセキュリティなのさ?
更に言えばソフトウェアセキュリティは常にクラッカーによるクラック対象になるよねぇ。
例えば自動車にGPSを付けて意図しない移動を感知したらインターネットを通じて所有者に連絡。
所有者はGPS信号をスマホ等で確認、自分の自動車が今現在何処に有るか確認できる。
うん、良さそうに思えるよね。
でも「自分の頭でよく考えてみる」と、GPS信号が途絶えたらどうなるんでしょうか?
例えばエレベーター式の立体駐車場に自動車が有る場合は?
その場合はセキュリティは働きませんよね、現実的に考えて(笑)
で、応用編。
自動車泥棒さんはあらかじめGPS受信機の場所は確認してるもんです。
で、その部分が隠れてGPSを受信できないようにしてからあなたの自動車を盗むでしょう。
で、屋根等のある場所でゆっくりと自動車を分解。
部品として海外に持ち出して・・・。
ほらね、意味無いでしょ(笑)
更にもう一つ。
システムのアップグレード(ROMの書き換え)をネットを通じて自動的に、ってやつ。
クラッカーにクラッキングされて、ある日の朝「さぁ、仕事に行こう」とエンジンを始動しようとしても・・・、掛かりません、とか。
アクセルを踏んで時速30キロ以上になったら強制的にアクセル全開状態になる!とか。
逆に時速30キロ以上になったらブレーキペダルの操作は全てキャンセルされます、とか・・・。
いくらでもクラッカーの思い通りにされてしまいますよ(笑)

ね、今のところ、デメリットが多過ぎるんですよ、コネクテッドカーシステムってやつは。
もちろんメリットも有るのは認めますが、今のところ、ネット通信可能なタブレット1台をホルダー使ってマイカーに取り付け・取り外し可能にしておけば同等以上の事ができるんじゃないかねぇ?
自動運転以外は(笑)

ドローン

昔、電気自動車の日産リーフが銀座通りに飾ってあった時、ホンダ・フィットに余計なオバちゃんん10名を乗せたような重い車は売れないな…と思ったことがあります。ドローンも航続時間が30分とか聞いていますが、胡散臭い印象は拭えません。建設コンサルタント業界でも橋梁点検に使おうと試みた会社が現れましたが、墜落したようです。

かつて居た航測会社では、遺跡調査にラジコンヘリを使っていました。掘って行くに従って、地形をフイルムが飛行機の進む方向と速度とは逆に動くカメラで撮影し、精密な等高線を作成して、資料として使っていたようです。昔は航空写真撮影も木が茂ったりすると役立たなくなるので、レーザーを無数に飛ばして、木立の下の地形を計測し、光学写真を補正するなど、空中三角測量の技術を活かしています。地形を遮蔽する樹木の割合は15%以下らしいです。

測量や計測は座標計算の知識がないとダメです。何となく思い付きな感じだなぁ~。

ローラ

ピュアスポーツ、セブンが愛車なオナゴですぉ
うるさくて、乗り心地悪くて、燃費悪いがもうすぐ二十年目?かな

そんな車、彼氏さんには いつも こてんぱんに文句ばっか言われるから意見合わんと言えば合わんわなぁ

でも、アタシが金つぎこんで食わせてる車なんで別に誰が何と言おうと どうでもいいですが。
自分の好きじゃない物には一円だって使いたくないし、この車で別段困りません。
意外にハッチの中は広いので物積めるし。家族構成ピッタシ乗れるし。
ま、もう上の娘も車の免許取れるし ドンドン この先定員気にしないで良くなるんだろうなぁ

でも定員四人は まだまだ必要だから 四人とったままのロールバー探す予定(A;´・ω・)

ロードスター

車の外側の後ろ、天上と後ろのガラスの間に細長いブレーキランプがある車ってありますよね。

普通に、その辺にいっぱい走っています。

モンスターババは、初めてこういうタイプの車に気づいたらしく、モンスタージジに訊ねました。

ババ「前の車、パトカー?」

明らかに違います。
色が違うし
形が全然違うし
パトランプついてないし

頑張って共通点を探すなら、ブレーキランプが赤いってことくらい??
↑全ての車に共通してる。

当然、モンスタージジが「違う」と答えます。

すると、何故かモンスターババが機嫌悪く言い放ちました。

「あんなところが赤くなったら、パトカーみたい!!目障り!!」

意味が分からない。

だって、どう見てもパトカーには見えない。

今更ですが、この人、認知がおかしい。